トップページ






◆キャンペーン◆


MEDIUMの世界へようこそ!


pic-03.jpg
亡くなるということ

死は終わりではありません。
肉体は滅びても、アストラル体などの肉眼では捕らえることの出来ないボディのまま意識体として違う形態で生きていることに他なりません。
pic-04.jpg
臨死体験について

近年、多くの医学博士達が死が終わりではないことを医学的見地より立証され始めようとしており、臨死体験が実際に証明されている 多くの著書が出版されています。
pic-05.jpg
生まれ変わりについて

生まれ変わりについては、未だに賛否両論がありますが、その事実が語られる事によって、証拠は揺るぎないものとなっており多くの有識者が、生まれ変わりを立証する時代になってきています。
pic-06.jpg
mediumとは?

亡き人からのメッセージを伝える存在を、ミディアムと言います。 ミディアムとは、死者と繋がり遺族や親しい人たちとの 意思の疎通や交信を可能にできる者のことをいいます

当方では、ミディアムをフォトリーディングとして行なっております。(フォトリーディングとは、お写真によりテレパシーを読み取ることを指します)

キャンペーン






死んだ人と話がしたい!

「亡くなった妻の気持ちが知りたい!」
「先立った夫の言葉を聞きたい!」
「今は亡き子どもに一言伝えたい!」
など、思われたことはありませんか?


【期間限定!】

当方では、そのような死者との会話の橋渡しをさせて頂いておりますので
その事を是非!皆様に知っていただきたいと思い、期間限定の特別価格で、そのお手伝いをさせて頂きます!

当方の一番の特徴は何より故人様とご依頼者様しか知り得ないことが、
故人様からのメッセージとして受け取ることができるため、本当に故人様と繋がっていることを実感していただける点です。

この機会に是非!
「死」が終わりではなく魂は生き続けているという事を、ご体感下さい!


通常初回料金¥87,000のところ、特別料金¥50,000!(税込¥54,000)


★お申し込みはコチラ

詳しい内容は、コチラをご覧下さい。

プロフィール






【プロフィール】

開喜 眞(ひらきしん)  女性

僧侶の孫として生まれ、幼少の頃から数々の不思議体験を経て透視能力が開花される中、亡き人の事も分かりだし、
透視を続けるうちに、声までも読み取れるようになりました。
その後、亡き人の声を聞くコミュニケーター(今で言うミディアム)としてボランティア活動を続けておりましたが、
当時はペットちゃんの心の声を聞いてほしいとのご要望が多かった為、
亡くなった動物の心の声を聞くアニマルコミュニケーターとして、TV出演や本の出版など行うものの、
ご依頼者様からしばしば「亡き人とのコミュニケーションもして欲しい!」とのご要望があり、
元々のきっかけが死者の声が聞こえて来た事であった為、亡くなられた方とご依頼者様との架け橋となるべく、
死者との交信を行なう新たなホームページを開設しました。

一日でも早く、愛する人が他界された悲しみを少しでも軽減されるお手伝いをさせて頂ければと思っております。
「死」が終わりではなく魂は生き続けているという事を、これにより是非ご体感下さい。



ヒーリングスペース ワイドユー
wide-you_banner.jpg

ブログ

特定商取引法に基づく表記






特定商取引法に基づく表記

サイト名~架け橋~「死者との交信」
運営責任者開喜 眞(ひらき しん)
連絡先● 郵便物宛先
大阪府枚方市 (詳細はお申し込み後に お伝えさせていただきます) 郵送をご希望の場合はお手数ですが、 1度メールにてお尋ね下さい。
● メール
kakehashi_hp☆yahoo.co.jp
(お手数ですが☆を@にご変更下さい)
サービスの内容亡くなられた方に対するフォトリーディング
サービスの提供時期リーディングという特性上、提供時期は一定ではありません。 お申込みの段階でその都度目安をお伝えいたします。
お支払い方法銀行振込 (他のお支払法をご希望の場合はお知らせ下さい)
商品以外に掛かる料金振り込み手数料など
(お写真を郵送される場合などは郵送料なども御負担下さい)
お申込み期限亡くなられた方に対するフォトリーディングは、当方からの受諾メールが届いてから 1週間以内に指定口座にお振込み下さい。
キャンセルについて上記のお申し込み期限を過ぎると自動キャンセルとなります。
返金についてお振込み以降の返金はお受けしておりません。
個人情報保護方針について原則として~架け橋~「死者との交信」ではお客様の 個人情報をお客様の許可なく 第三者に開示することはありません。

ただし警察、裁判所、またはそれらに準じた権限を持った 公的機関から正式な手順を踏んだ上での要請があった 場合には、これらに応じて情報を開示させていただきます。

       
Copyright © ~架け橋~「死者との交信」 All Rights Reserved.